子供にコンフォートシューズという
選択肢

子供は私たちの想像をはるかに上回る勢いですくすくと育ちます。
子供にコンフォートシューズは意外な選択肢かもしれませんが、私たちは、「子供の成長にこそコンフォートシューズは必要」と考えています。
子供にとって靴は欠かせないものです。学校やスポーツ、遊びといったシーンで、長時間靴を履く必要があります。

成長期の子供に合っていない靴を履くと、猫背やO脚など骨格の変形や体のバランスに影響を及ぼし、慢性的な腰痛などの原因になりかねないため、美しい姿勢と正しい歩行・バランスを小さい頃から癖付けておくことが子供の成長にはとても大切なことです。

子供の足の健康でよくいただくご相談

子供の靴を選ぶ際、どのようなことに注意すればいいですか?
実は大人でも自分の正しい足のサイズを理解している人は少ないです。足の長さだけではなく足の周囲もきちんと測ってから靴選びをしてほしいです。そのうえで、「かかとの周りがしっかりしているか?」「靴底が指の付け根部分でしっかり曲がるか?」「甲の部分が足にフィットしているか?」といった点に気をつけてみてください。
少しでも長く履けるようにと大きめの靴を選んでいます。
成長期の子どもの足の骨は大人に比べて変形しやすいです。大きな靴を履くことで靴の中で足が動いてしまいつま先にぶつかり足が変形してしまったり、足裏のアーチのバランスが崩れてしまう可能性があります。大きめの靴ではなく、子どもの足に合った靴を選んであげてください。
夏場は楽なのでサンダルを履かせています。
かかとのないタイプのサンダルは、あまり足の健康にはおすすめめできないですね。一見楽に見えますが、ゴム草履やスリッパのように引っ掛けるだけのだけのタイプの靴だと、足を引きずるような歩き方になってしまい、足にとっては負担がかかってしまいます。